<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< KICKS JUNKY | main | ブルーハーツが大好きだ! >>
--------- 愛読書〜マンガ編〜 ---------
お待たせしました笑

オススメ漫画。

記念すべき第1回はコチラ。



【センゴク外伝 桶狭間戦記】

秀吉家臣・仙石秀久を主人公にした歴史漫画【センゴク】のスピンオフ。
ご存知、織田信長が一躍脚光を浴びるきっかけとなった世紀の番狂わせ、桶狭間の合戦。
尾張の織田と駿河の今川の歴史を紐解きながら桶狭間で激突するまでを描いています。

『勝てば官軍』という言葉がありますが、歴史上の戦においての見解がどうしても勝者が正義、敗者が悪のような構図になってしまいます。まぁ仕方ないことですが…

天王山の明智光秀。
関ヶ原の石田三成。
第二次世界大戦の東条英機。

そしてこの桶狭間の今川義元。

みんなどこかしら悪者的なイメージがありませんか?
敗軍の将とは辛いものですね。勝者の引き立て役になってしまいます。
その戦までに至る経緯、背景、そして何より人物を知らずして…です。

海道一の弓取りと呼ばれた義元。
その才能は凄まじいものでした。
もちろん雪斎という最強ブレーンの存在も。

そして信長の父・織田信秀。
あまり歴史の表舞台には出てきませんが、信秀の才についてもしっかりと描かれています。

戦とは武士だけではなく、商人たちにとっても一大事なんです。
戦と金、民との関係…教科書には絶対載ってません。

もちろん信長の才能も忘れてはいけませんが…。

色々な事象が交錯する場の極論が戦です。
固定概念からくる贔屓目なしで桶狭間の真実をみてください。


歴史好きは必見です!

本編のセンゴクもかなりオススメです◎










| comments(0) | trackbacks(0) | 02:40 | category: BOOKS |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.boildesign.com/trackback/1431511
トラックバック