<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< DJ MOIST make a beat | main | 酒と終電と睡魔 >>
--------- 愛読書 ---------
最近の愛読書たち。

1冊終わってから次ではなく、何冊も同時に読みます。

そっちの方が意外と要点が頭に残ったりするんですよね。
あんま必要じゃないなっていう情報は頭ん中で削除してくれる。

この同時読書も昔読んだ成毛さんの影響だったりします。


本ジャンルによって脳の刺激するポイントが違うらしいです。
色んなジャンルの本を同時に読む事で、脳を多角から刺激しましょう!

今読んでいるのは、

企画脳/秋元 康



そこまで言うか!/西村博之×堀江貴文×勝間和代



選手の心を動かす監督の言葉/小宮山悟×清宮克幸




企画脳はヒットメーカー秋元康がアイデアについて、企画をどう実現させるかっていう事にフォーカスした内容。
秋元康が出演していた【ジュニア枠】のたとえ場や、年末にやっていた【中居正広のかけ算】などを見てもおもしろかったんで読み始めた感じです。
あとはAKBの影響もありますね笑



そこまで言うか!は、ご存知ホリエモン、2chの創始者ひろゆき、経済評論家・エコノミスト勝間和代による異端児たちの対談というか、ぶっちゃけトーク。専門用語が飛び交ってます笑
当たり前の事ですが3人共、色々な事象に対する知識がハンパ無く、それに対する自身の意見もしっかりしていますね。自分の思慮の浅さを痛感します。



監督の言葉は理論派投手だった元メジャーリーガーの小宮山悟と低迷していた早稲田大ラグビー部を復活させた清宮克幸の早稲田大学同級生同士の対談形式の本。
自身の経験からの監督の存在について濃密に語っています。
小宮山や古田といった卓越した野球理論を持っている選手がもともと好きだった事と、
華麗なる早稲田ラグビー復活を演出した清宮監督にはものすごく興味があったので即買いでしたね。自分も草野球で監督をやっているんで、その影響もあります。


どれもおもしろい本だと思うんで機会があれば是非手にとって見て下さい!


次回は愛読書マンガ編をお楽しみに笑







| comments(0) | trackbacks(0) | 17:59 | category: BOOKS |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.boildesign.com/trackback/1430588
トラックバック